読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Negip blog

TABIPPOで優勝してから、ネギーマンと一緒に世界で弾けてます!!

凶悪都市「ナイロビ」のスラムに行ってきた件。

 

やっほーーーーー!!!

 

現在、

旅の最後を締めくくる国

 

オーストラリアにいます😊

 

早いもので、

TABIPPOで優勝してからちょうど2年が経ち、

長いようで短かった

僕の旅も残り3週間を切りました😭😭

 

残り少ない旅ですが

全力で楽しみます🎵

 

とか言いながら

メルボルンのおばさんの家に居候してる俺。ww

 

あ!そーそー!

オーストラリアに来る前はチリイースター島にいてんけど、

イースター島はノホホンとした雰囲気と

なんとも言えへん田舎感が最高によかった🎵

 

イースター島では日本人数人でレンタカーして島中を探索(^o^)

島はそこら中モアイばっかり!!!笑 

f:id:negi-man:20170224092432j:plain

を見あげて立っているモアイ、

 

f:id:negi-man:20170224091246j:plain

朝日を背にして立っているモアイ、

 

f:id:negi-man:20170224092437j:plain

いかにも教科書に載っているモアイがいて、

 

f:id:negi-man:20170224092446j:plain

みどり色のモアイもいる、

 

f:id:negi-man:20170225114757j:plain

そーいえば、顔の丸いモアイもいたなぁ〜。笑

 

イースター島にはなんと900体以上のモアイ像があるんやって!!

そんなイースター島にはモアイ像以外にも見所があるねん!!

 

それがこれ!!

オロンゴ火山🌋

f:id:negi-man:20170224092424j:plain

 

f:id:negi-man:20170224092427j:plainf:id:negi-man:20170224092422j:plain

 

火山といっても、はるか昔に活動休止してて、

今や、ただの水たまりになってるだけの火山やねん。

 

てかな、

この水たまり見てなんか感じる人

どこかを思い出す人いいひん!?

 

たぶん日本人ならほとんどの人が見てると思う。

 

 

これ!!

 

 

f:id:negi-man:20170224092348p:plain

 

君の名は。

f:id:negi-man:20170225153011p:plain

に出てくる

糸守に似てへん!?

 

最初に来た時、

まじでびっくりした!!

 

完全に一致したもん!

並べてみたらこんな感じ、

f:id:negi-man:20170224092348p:plain

f:id:negi-man:20170224092424j:plain

 

一緒やん!!! 

 

携帯で撮ったからこれが限界やけど、

それでもそっくり!!

 

思わず、

みつはーーーーーって叫んでしまった。笑

 

うっすらと

ねぎくーーーんって聞こえたのは俺だけかな!?笑

 

 

まぁそんな感じでイースター島を満喫してた俺やけど、

そろそろ本題に入ろか!?笑笑

 

4ヶ月前のケニアの話!!!!WWW

 

 

話は遡って10月某日。

 

日本人がよく泊まる宿、

ニューケニアロッジから、

あるツアーに参加した。

 

 

それは、キベラツアーというもの。

 

ツアーの内容は

世界トップレベルの凶悪都市、「ナイロビ」にある、

アフリカ最大級のスラムに行くツアー‼️

 

このツアーは1人18ドルで行けて

実際にキベラスラムに住んでいる住人が迎えに来てくれ、

スラム内を案内してくれるツアー!

 

僕らも日本人6人でそのツアーに参加することに、

 

朝の9時頃に住人の男性が宿まで迎えに来てくれて、

キベラ行きのバスに乗り込み出発した。

 

約30分ほどバスに乗り、

キベラスラムの最寄駅に到着。

 

f:id:negi-man:20170224092838j:plain

 

特に目立ったものはない、ただの広場みたいなところに降ろされた。

 

バス停の周りには簡易の野菜売りがいる。

f:id:negi-man:20170224092909j:plain

 

ここからスラムまでは約2分。

 

商店などが立ち並ぶ中、

f:id:negi-man:20170224095644j:plain

バス停から歩くこと2分

現地のガイドに連れられ、

キベラスラムの入り口に到着。

 

 

f:id:negi-man:20170224092906j:plain

 

ここから先は本物のスラム‼︎

 

ただならぬ雰囲気が漂っているなか、

意を決して入っていった。

 

ガイドはどんどん奥に入っていく…

f:id:negi-man:20170224092945j:plain

 

食料にされるのか、鶏が放し飼いにされてた。

 

全て手づくりで作られてるような建物の

狭い隙間をどんどん進んでいくと少し広いな所に出る。

f:id:negi-man:20170224093028j:plain

 

そこではキベラの住人が洗濯をしていて、

電柱から伸びている電線に洗濯物を干していて

スラムのイメージしていたとおりの光景を見ることができた。

 

建物の屋根や壁はこんな風に

f:id:negi-man:20170225133533p:plain

どこからか拾ってきたトタンやアルミの板で作られていた。

 

家はたぶん全て手作りやと思う。。。

 

この後もどんどん奥に進んでいく、

f:id:negi-man:20170224093114j:plain

f:id:negi-man:20170224093214j:plain

 

ここまで歩いてみて、

率直に思った感想は、意外とスラム内って綺麗なんやなぁって思ってた。

道も綺麗やし溝もそんなに汚れてはないし、

洗濯物も干せてるしそこまでの治安の悪さは感じられへん。

 

けど、

 

このままどんどん進んでいくと、

こことは比べものにならへん光景が待っていた。

 

f:id:negi-man:20170224093219j:plain

f:id:negi-man:20170224093255j:plain

f:id:negi-man:20170224095009j:plain

f:id:negi-man:20170224095613j:plain

f:id:negi-man:20170224095600j:plain

f:id:negi-man:20170224095645j:plain

f:id:negi-man:20170224095728j:plain

 

さっきまでは綺麗な感じやったのに、

奥に行くにつれてゴミの量が半端なくなっていった。

 

スラムのなかは激臭で、鼻で息ができひんレベル。

 

スラムは奥に行くほど治安が悪いらしい。 

 

スラムを上から見下ろすと、

f:id:negi-man:20170224095611j:plain

f:id:negi-man:20170224095726j:plain

想像していた以上にスラムの規模がデカくってびっくりした。

スラム内の人口は約100万人

面積は東京ドームの約50個分もあるらしい。
しかもその人口と面積は年々増え続けていってるんやって!!

 

ガイドをしてくれたスラム住人のお兄さんの説明では、

スラムで生まれて育った人たちは、

ちゃんとした教育が受けられへんくって、

生きて行く手段を知らずに育ち、

それでもスラムを出てちゃんとした職に就きたいと思ってる。

けど、なかなか仕事は見つからず、

結局スラムにいる若者はスラムにとどまっている。

政府はこれ以上スラムが広がることや、

若者が仕事をせずに昼間からスラムにたむろしている姿が、

国のイメージを悪くしているといって、

スラムから出て行くように声をかけているにもかかわらず、

雇用対策とか貧困対策は全然されていない。

政府はそんなスラムの存在を無くしたくて、

スラム周辺に団地を建ててそこに移るように言うけど、

実際、団地に移動しても家賃を払うお金もなく、

スラムにはなんでも揃っているし

これまで生きてきたところだから離れる理由もないし、

せっかく移住権を得た人もその権利を

他の人に売ってしまうなどで

全然スラムから人は減らないらしい。

 

 

キベラスラム内には16の村が存在してて、

村の中では飲食店から生活洋品店、

学校まであり、その周辺に各村の住宅地が広がってる。

スラムって言うより、
多くの村の集合体みたいな感じで


そこには、生まれて、働いて
結婚して家庭を作って
年を取って死んでいくまでの
生活がのルーティーンができあってた。

 

そんなスラムの学校を訪問させてもらった!!

f:id:negi-man:20170224094946j:plain

年間約1万円の学費が払えない子供達がここの学校に通っているらしい。

 

ここには幼稚園から高校までの学部があって

それぞれにちゃんとした先生もいた(^^)

 

みんな授業は真剣受けてたけど、

一番真剣に受けてたんは直跳さんやった。笑

f:id:negi-man:20170224095003j:plain

 

授業が終わって、学校中の生徒が僕らに会いに来てくれて

喜んで迎え入れてくれたから

スラムも案外怖くない( ´ ▽ ` )ノ

f:id:negi-man:20170224094839j:plain

f:id:negi-man:20170224094522j:plainf:id:negi-man:20170224094909j:plain

f:id:negi-man:20170224095328j:plain

ひとつ疑問に思ったんが、

みんな意外と綺麗な制服を着ていて

ノートも持ってたから実際のところお金がどうなってるのとかわからへん。

政府から支給とかされてるんかな!?

よーわからんけど学生は楽しそうに生活してた🎵

 

授業内容もちゃんと学年、年齢に見合った勉強をしているし、

f:id:negi-man:20170224094326j:plain

 

家のない子供達にはちゃんと泊まれるところもあって

f:id:negi-man:20170224094609j:plain

感心することが多かった!!

 

 

最後に1日ガイドをしてくれたお兄さんの

オフィスに連れて行ってもらい、

f:id:negi-man:20170224094545j:plain

f:id:negi-man:20170224094527j:plain

f:id:negi-man:20170224094523j:plain

今後このスラムをどうしていきたいとか

変えたいという気持ちを熱く語ってもらい

 

このツアーは終わりました!!

 

帰りはまたバスに乗り帰るんやけど、

 

実はこのツアーの一番危険なところが最後に待ち構えてるねん。

 

行きしはガイドと一緒にバスに乗ってきたんやけど、

なんと帰りは宿まで自分たちで帰らなあかんかってん。

 

スラムから出てるバスに外国人が乗るとか

これほど危ないことってないよな…

 

実際、僕らのグループの前に行った人はそのバスで襲われはったみたいで

僕らも心して乗ったんやけど、

無事宿に戻ることができた(^o^)

 

この日はスラム内の事情とか

いろんなことが知れて

2度とできひん経験できた1日やったと思う!

 

ケニアでは有名なサファリには行かず、

翌日に陸路でタンザニアに向かったんやけど、

その話はまた次に書く( ´ ▽ ` )ノ

 

ってことで今回はこの辺で終わっとこかな!!
 
 

最後に!!!

このボタンを押していただけると

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

僕とギーマ!!つまり、久御山町

とっても幸せになるので

ポチッとお願いします!!笑

 

 

 

 へい!!